01

作品解説/《トゥー・プレイス》

《トゥー・プレイス》

 

1989年-

布装丁の本、オフセット・リトグラフィー

各26.67×21.907cm

 

1975年に北大西洋の島国アイスランドを初めて訪れてから、ホーンはこの土地に魅了され、定期的に滞在して制作を行っています。現在も刊行を続けているシリーズ「トゥー・プレイス」は、彼女とアイスランドとの関係の集大成とも言える作品群です。アイスランドの灯台の中に2ヵ月も滞在して制作された水彩ドローイング集『ブラフ・ライフ』をはじめ、風景や動物、人々など、アイスランドで撮影した写真が収められています。また、地図などのアイスランドにまつわる印刷物を素材として、火山活動によって形を変え続けるこの島の形を、流動する思考の軌跡であるドローイングになぞらえた作品を制作しています。

 

Since her first visit to Iceland in 1975, Horn has been fascinated by its environment and regularly stays and works there for extended periods. Her book series To Place, publication of which is still ongoing, can be said to encapsulate her relationship with Iceland. It contains reproductions of the watercolor drawing series Bluff Life, which she created while residing for two months in an Icelandic lighthouse, as well as numerous photographs of landscapes, animals, people and other subjects taken in the country. Also, she produces works on paper comprised of printed matter related to Iceland, such as maps, which through the act of drawing trace the trajectory of her thought as it shifts and evolves, just as the island’s shape changes due to volcanic activity.