01

作品解説/《円周率》

《円周率》

 

1997年/2004年

45点のピグメント・プリント

51.4×69.2cm(22点)/51.4×51.4cm(13点)/51.4×41.3cm(10点)

 

「循環し繰り返される出来事の集積」と作家が語る《円周率》は、北アイスランドで7年にわたって撮影した45点の写真からなる作品です。野生の鴨の巣跡から手作業で羽毛を集めることを生業とするビョルンソン夫妻を中心に、彼らの家や、窓から見える風景、鴨の巣跡、この地の野生動物の剥製、夫妻が毎日のように見るアメリカのメロドラマを映したテレビ画面などが登場します。壁面の少し高い位置に展示された作品を見渡す私たちは、この空間のなかでぐるりと円を描き、もとの場所に戻ってくるでしょう。巡る時間と繰り返す命、そしてその美しい退屈さに捧げられた本作は、北極圏の生への祝福のようです。

 

Pi is a set of 45 photographs, taken over seven years in northern Iceland, which the artist describes as “a collection of circular and cyclical events.” It focuses on Hildur and Björn Björnsson, a couple who make a living by harvesting down from the abandoned nests of wild ducks, presenting images such as the interior of their home, views from their windows, ducks’ nests, taxidermy of local wildlife, and a TV screen showing an American soap opera the couple habitually watches. Surveying the photographs, hung slightly above eye level on the wall, the viewer makes a circle around the space and returns to his or her point of origin. This work, dedicated to the cycles of time and life and the beauty concealed within tedium, is a paean to life in the Arctic.