01

作品解説/《大型ドローイング作品》

《大型ドローイング作品》

 

ドローイングは、ホーンにとってもっとも身近な表現手段であり、1982年から今日まで「日々呼吸するように」、一定して継続されている唯一の形式です。抽象的な線や形、あるいは引用された言葉などモティーフは様々ですが、それは手の運動であるとともに、彼女の思考や記憶と結びついています。この展示室を占める7点の巨大なドローイング作品は、大きいものでは高さ約3メートルにおよびます。細部に目を凝らすと、手書きの記号や印、紙の切れ目があり、それらが一度ばらばらに切断され、繊細な手作業によって再び組み合わされたものであることが分かります。

 

Horn describes drawing as her primary activity, comparable to breathing, and it is the only practice she has pursued continually from 1982 to the present. The content of her drawings ranges from abstract lines and shapes to text quoted from a variety of sources, and while they convey movements of the hand, they also allude to the artist’s thoughts and memories. The seven monumentally sized drawings occupying this gallery are as large as approximately three meters in height. Close examination of the drawings reveals handwritten symbols, marks, and incisions in the paper, indicating that the works have been cut into pieces and then reassembled using a delicate manual process.