箱根の自然と美術の共生。
私たちが、いちばん大切にすることです。
2002年、ポーラ美術館は神奈川県箱根町に誕生しました。開館以来、「箱根の自然と美術の共生」というコンセプトを掲げつづけています。箱根の自然と景観に配慮した建物は、高さを地上8mに抑え、建物の多くを地下に置き、森にとけこむようです。展示室は、ひとつひとつの作品が美しく鑑賞できるように独自開発の照明を採用。約10,000点のコレクションは、ポーラ創業家2代目の故・鈴木常司が40数年にかけて収集したものです。西洋絵画、日本の洋画、日本画、版画、東洋陶磁、ガラス工芸、古今東西の化粧道具など、多岐にわたります。優れた作品、豊かな自然、そして光に満ちた建築空間…。「共生」という理念が、美術館のすべてに息づいています。

アートの森で、響きあう。

都市の美術館にないものを。

私たちの美術館は、
箱根の国立公園にとけこむように立っています。
手つかずの自然と、人が手がけた造形。
ふたつがひとつになり、凛とした時間が流れる。
森も、もうひとつの展示室です。

つきつける、よりも、つつみこむ。
それが、私たちのコレクションの本質です。
モネ、ピカソ、フジタ・・・そして現代の作家たち。
化粧道具や工芸品、
その数は10,000点におよびます。

ひとつの作品から、ひとりひとりの感性へ。
アートが持つ力をありのままに届ける。
響きあうためのキュレーションとともに。
見る。その先に、発見をつくる。

訪れるたび、あたらしい。
変化を愛する美術館へ。

POLA MUSEUM OF ART



ひとつの作品から、ひとりひとりの感性へ。
アートが持つ力をありのままに届ける。
響きあうためのキュレーションとともに。
見る。その先に、発見をつくる。

訪れるたび、あたらしい。
変化を愛する美術館へ。

POLA MUSEUM OF ART

ポーラ美術館の歴史

1929年の創業以来、ポーラは人の美・人の粧いを見つめ、最高の美を探求しています。美と文化を次世代に繋ぐ文化活動のひとつが、ポーラ美術館です。若手作家の支援、調査研究の推進、美術を通じた国際交流を行なっています。

基本情報

名称
公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館
代表者
館長 木島俊介(キジマシュンスケ)
博物館法による分類
登録博物館
設置者
公益財団法人
館種
美術
開館年月日
2002年9月6日
所在地
〒250-0631
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
TEL
0460-84-2111
FAX
0460-84-3108
ポーラ美術振興財団ホームページ