01

作品解説/《ハック・ウィット》《犬のコーラス》

《ハック・ウィット》《犬のコーラス》

 

水彩で描かれた慣用句や文学作品からの引用文が細かく裁断され、別の語句と組み合わさり、あざやかな色彩をともなう視覚的要素へと変化しています。画面を分断し再び繋ぎ合わせるコラージュの手法は、パウル・クレーやエルズワース・ケリーといった過去の画家たちに連なるものです。ホーンはここに、シュルレアリスムの作家たちのような言葉遊びの要素を加えています。「犬のコーラス」ではシェイクスピアの戯曲『ジュリアス・シーザー』の「let slip the dogs of war(戦争の犬を解き放て)」というドラマティックな台詞や慣用句を用いた「Let Slip From the Frying Pan into the Fire(フライパンから解き放ち、火の中に放り込め)」などの言葉が、複雑な画面の中で、ユーモラスで活き活きとした表現を生みだしています。

 

In this series, phrases and literary quotations painted in watercolor are cut and combined, synthesizing language with vivid color and visual form. The collage technique of cutting up and reconfiguring the picture is in the vein of earlier artists such as Paul Klee and Ellsworth Kelly, while Horn here adds an element of wordplay that recalls the Surrealists. The Dogs’ Chorus works reference “let slip the dogs of war,” a dramatic line delivered in the Shakespeare play Julius Caesar. In Dogs’ Chorus—Let Slip From the Frying Pan into the Fire, this quotation is combined with other words and idioms to convey humorous and vibrant messages in a work with a complex and dynamic structure.