01

作品解説/《エミリのブーケ》

《エミリのブーケ》

 

2006-2007年

アルミニウム、成形した白いプラスチック

6点組

146.7×5.1×5.1cm 3.7×5.1×5.1cm

 

ホーンの作品には、純粋な形と抒情的な物語性という、相反する性質がどちらも備わっています。壁面に立てかけられた6本の角柱からなる《エミリのブーケ》は、アメリカを代表する詩人、エミリ・ディキンスンが書いた手紙の言葉から選んだ一節を引いた作品です。しかしながら、引用された言葉は側面から見ると言語の体をなさず、文字は純粋な形として解体されています。一方の《ゴールド・フィールド》は、金という物質が持つ文化的なコンテクストを取り払い、形へと還元しながらも、波立つ水面や山脈のような風景を想起させ、抒情的な雰囲気を漂わせています。そのスケールから床に横たわる人をも思わせる本作は、光を放ち絶えず微かに揺れ動きながら、私たちに何を語りかけているでしょうか。

 

Horn’s work paradoxically encompasses qualities of pure form and lyrical narrative content. Bouquet of Emily is a group of six aluminum bars leaning against the wall, each featuring a fragment of text from letters sent by the renowned American poet Emily Dickinson. However, when viewed from certain angles, the phrases and letters of the alphabet are deconstructed into pure forms. Meanwhile, Gold Field is suffused with a lyrical atmosphere, evoking perhaps, an undulating water surface or a mountainous landscape. This work, a mat made of pure gold foil, removes the material from its loaded cultural context and reduces it to form. What does this work, which in terms of scale recalls a person lying on the floor, say to the viewer through its luminosity and ceaseless subtle rippling?