02

色彩への旅/フジタの色彩を分析

【左】《メキシコに於けるマドレーヌ》 1934年 京都国立近代美術館 © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 B0520
【中央】《メキシコに於けるマドレーヌ》の色立体
【右】《メキシコに於けるマドレーヌ》の色相 ・ 彩度図

フジタは中南米への旅行によって、1920年代の絵画とは対照的な、色彩豊かな表現手法を獲得しますが、それには現地の風景や民族衣装、滞在先で目にした建物や壁画の色彩などの影響が指摘できます。

たとえば、《メキシコに於けるマドレーヌ》では、背景の植物の緑や衣服の赤い花の模様など、対照となる色や類似する色とのバランスを上手く活かし、色のグラデーションによって対象の質感を表現するなどの工夫を行っています。

本展では、色相、明度、彩度を3次元空間化したマンセル・カラー・システムを使い、主に旅先で制作した絵画作品を中心に、フジタの色彩の特質を科学的に分析します。

 

色彩分析・監修:三木 学(色彩研究者)
色補正:平井 経太(千葉大学大学院工学研究院准教授)