FOUJITA EXPLORATIONS IN COLOR フジタ - 色彩への旅

2021.4.17(土)- 9.5(日)会期中無休 開館時間:9:00 - 17:00(入館は16:30まで)

世界中を旅し、
色彩豊かな作品を生み出した画家フジタ

世界的な画家になることを夢みて渡ったパリを離れ、
中南米から北米、中国、
東南アジアなど、
各国を旅した
レオナール・フジタ(藤田嗣治)。
旅によってあらたなモティーフや構図、
色彩豊かな表現手法を開拓し、
旅先をアトリエとして
作品を制作しました。
フジタの旅と色彩の変達に焦点をあて、
フジタの画業の展開と生涯の旅路を
あらためてご紹介します。

《二人の祈り》1952年 名古屋市美術館 © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 B0520

HIGHLIGHT

みどころ

新収蔵の
「乳白色の肌」を展示

新たに収蔵した「乳白色の肌」の手法による2点の油彩画と、連作「小さな職人たち」の中の1点《猫のペンション》を展示します。

《坐る女》 1921年 ポーラ美術館 © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 B0520

アパルトマンの壁画パネル
96点を一挙公開

室内を飾るために制作された色彩豊かな
作品群「小さな職人たち」を展示し、
パリのアパルトマンの壁画を再現します。

カンパーニュ=プルミエール通りの室内 © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 B0520

色彩への旅

フジタの旅と画業の変遷を、旅路に合わせご紹介します。

PARIS パリとの出あい
-「素晴らしき乳白色」の誕生

1913年に初めてフランス・パリに渡ったフジタは、パリで画家として大成することを決意。その後、「乳白色の肌」を生み出しました。

《イヴォンヌ・ド・ブレモン・ダルスの肖像》 1927年 ポーラ美術館 © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 B0520

LATIN AMERICA 中南米への旅
-色彩との邂逅

ブラジル、アルゼンチン、ボリビア、メキシコなどの旅を通し、フジタの作品には強烈なあざやかさと重厚なマティエールが表れるようになりました。

《町芸人》 1932年 公益財団法人平野政吉美術財団 展示期間4/17-6/25 © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 B0520

ASIA アジア旅行記
-色彩による大画面の絵画へ

日本各地やアジアを旅し、色彩豊かな作品を仕上げる技術を身につけました。

《客人(糸満)》 1938年 公益財団法人平野政吉美術財団 展示期間6/26-9/5 © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 B0520

NY/FRANCE 心の旅ゆき
-色彩からの啓示

終(つい)の住処となったフランスで、旅先で集めた骨董品や自身の描いた絵画作品に囲まれ、画業の集大成となる作品を手掛けていきました。

《オランダの少女たち》 1955年 ポーラ美術館 © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 B0520

TOPICS

レオナール・フジタと旅

《メキシコの子どもたち》 1932年 / フジタ収集品(一部) 公益財団法人平野政吉美術財団 / 《猫のペンション》1959年頃 ポーラ美術館 © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 B0520 / カンパーニュ=プルミエール通りの室内 © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 B0520

TOPICS

フジタの色彩を分析

マンセル・カラー・システムを使い、
フジタの色彩を科学的に読み解きます。

OFFICIAL SNS

ポーラ美術館公式SNS

ACCESS

交通アクセス
ADDRESS
〒250-0631
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
TEL
0460-84-2111