02

色彩への旅/Ⅱ 中南米への旅 -色彩との邂逅

アメリカに始まる世界恐慌をきっかけとして、芸術の都パリにも時代の閉塞感が強まりだすと、フジタは「南米の大空を心行く迄吸って晴々」することを目的として、4番目の妻となるマドレーヌ・ルクーとともに中南米へ旅立ちました。
ブラジル、アルゼンチン、ボリビア、メキシコなどを巡り、強い陽光のもとで輝きを放つ大地と自然、民族衣装をまとった現地の人々や土着の風俗、芸術に触れたフジタは、それらのあざやかで濃密な色彩に目を奪われます。これまでにない視覚体験を得たフジタの画面には、強烈なあざやかさと重厚なマティエールが表れるようになります。

《町芸人》 1932年 公益財団法人平野政吉美術財団 展示期間:4/17-6/25 © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 B0520

《町芸人》 1932年 公益財団法人平野政吉美術財団 展示期間:4/17-6/25 © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 B0520

カーナバルの後》1932年 公益財団法人平野政吉美術財団 展示期間:4/17-6/25 © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 B0520

カーナバルの後》1932年 公益財団法人平野政吉美術財団 展示期間:4/17-6/25 © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 B0520

《室内の女二人》 1932年 公益財団法人平野政吉美術財団 展示期間:6/26-9/5 © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 B0520

《室内の女二人》 1932年 公益財団法人平野政吉美術財団 展示期間:6/26-9/5 © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 B0520