フジター色彩への旅

会 期:2021年4月17日(土)~ 2021年9月5日(日)

開催概要

世界的な画家になること夢みて1913年、26歳で渡仏したレオナール・フジタ(藤田嗣治、1886-1968)は、旅することによってその土地の風景や人物、異国の歴史や風俗などに創作のインスピレーションを求めました。1920年代にパリの女性をモデルに「乳白色の肌」を完成させ、パリ画壇の寵児となったフジタは、その後、旅によってあらたなモティーフや群像表現のための構図と、豊かな色彩による表現手法を開拓していきます。
1929年の一時帰国の後、パリを離れて南米へと旅立ったフジタは、中米から北米へと移動し、太平洋を渡って再び日本へとたどり着きました。東北や沖縄をはじめとする日本各地、そして日本が進出した中国大陸や東南アジアへと移動をつづけ、1949年にニューヨークに渡るまでは、旅先こそがフジタのアトリエでした。
本展では、フジタの旅と色彩に焦点をあて、フジタの画業の展開と生涯の旅路をあらためてご紹介します。

レオナール・フジタ(藤田嗣治) 撮影 1931年
レオナール・フジタ(藤田嗣治) 撮影 1931年
メゾン=アトリエ・フジタ

レオナール・フジタ(藤田嗣治) 《メキシコに於けるマドレーヌ》

レオナール・フジタ(藤田嗣治) 《メキシコに於けるマドレーヌ》 1934年 京都国立近代美術館

レオナール・フジタ(藤田嗣治) 《ラ・フォンテーヌ頌》

レオナール・フジタ(藤田嗣治) 《ラ・フォンテーヌ頌》 1949年 ポーラ美術館
©Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2020 B0500