オーヴェール=シュル=オワーズの藁葺きの家

作家名
ポール・セザンヌ
制作年
1872-1873年
技法・素材
油彩/カンヴァス
サイズ
72.3 x 59.3 cm

ポール・セザンヌ 《オーヴェール=シュル=オワーズの藁葺きの家》 1872-1873年

作品解説

パリの北西30km、緑に包まれた静かなオワーズ河畔のオーヴェール=シュル=オワーズには、多くの芸術家たちが訪れている。1850年代には、コローやドーミエらがこの地で制作、ドービニーはコローのすすめでアトリエを構えた。1872年には精神科医ガシェが妻の病気療養のためこの地に移住し、セザンヌ、ピサロ、ギヨマン、ルノワール、シスレーらが彼の家を訪問している。セザンヌは、1872年にピサロが住むポントワーズを訪れ、ポントワーズ周辺やオーヴェールで一緒に制作し、明るい色彩を用いるようになる。1873年から翌年はじめにかけては、家族とともにオーヴェールに滞在した。セザンヌはガシェの家で制作したり、彼に作品を購入してもらうなど、親しく交流していた。本作品では、画面に奥行きを与える曲がり道、正面の藁葺き屋根の家と周囲の集落、葉を落とした木々が、落ち着いた色調で描かれている。(『モネと画家たちの旅』図録、2007)