ナスタチウム文花器

ナスタチウム文花器

  • 作家名 エミール・ガレ
  • 制作年 1889-1900年
  • 技法・素材
  • サイズ 高7.7 径10.2 cm
透明地にオパールガラスを薄く被せ、さらに赤みがかった暗褐色地を重ねている。エッチングとグラヴュールを併用してナスタチウム(ノウゼンハレン)の花が浮き彫りされている。粗い刃跡が生々しい。一気呵成の勢いで豪快に削り上げた職人芸が光る佳作である。(『名作選』 2007)