草花文花器

作家名
エミール・ガレ
制作年
1890年代
サイズ
高55.7 径12.1 cm

エミール・ガレ 《草花文花器》 1890年代

作品解説

透明地に黄色と赤を被せている。口と胴部中央、および底部にエッチングによる細かいアラベスク文の陰刻帯があり、黒褐色のエナメルのぼかしを薄く入れ、古色を帯びたような色付けをおこなっている。細長い茎をのばした草花は、おそらくマツムシソウの仲間であろう。(『名作選』 2007)