シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本の「シュール」。2019年12月15日(日曜日)から2020年4月5日(日曜日)まで

これも「シュール」?

[ 2019/11/15 ]

束芋とシュルレアリスム

映像、版画、ドローイング・・・シュルレアリスムの実験的技法を彷彿とさせる多様なアプローチ

フランスでうまれた「シュルレアリスム」は、日本では現実離れした幻想的な世界を描くものとして受け入れられ、しだいに「シュール」という独自の感覚が醸成されるようになりました。「シュール」と呼ばれる日本独自の表現への展開を示すものとして、現代美術家の束芋(たばいも)の作品を展示します。

束芋は、手描きのアニメーションを使った映像インスタレーションで知られる作家です。心の奥底に秘められた意識や、現代の日本社会に潜在する複雑な諸相を表す作品で国際的な評価を得てきました。
近年は、日本の伝統的な芸術にも関心を寄せ、近世の絵画からインスピレーションを得た《虫の声》のような、白無地の軸装に映像を投影する作品も制作しています。本展では日本初公開の本作と《dolefullhouse》の2点の映像インスタレーションを展示します。

o-8_01

また、2019年に発表した版画のシリーズ「ghost-running」は、版画用語で本刷りの後に残ったインクでもう一枚刷ったものを「ゴースト」と呼ぶことからうまれたものです。ニードルによって生みだされる繊細なイメージと、偶然性によって生まれるイメージを実験的に組み合わせながら制作されました。

事物の組み合わせによって偶然に生まれる、シュルレアリスム的な効果を生かした創作活動を展開している作家といえるでしょう。