シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本の「シュール」。2019年12月15日(日曜日)から2020年4月5日(日曜日)まで

学ぶシュルレアリスム

[ 2019/11/18 ]

《用語解説》フロッタージュ(こすり出し)

フランス語で「こすること」を意味する絵画の技法。板や葉、石などの物体に直接紙を当て、その表面の模様(凹凸)を鉛筆等でこすり出す手法。

一般的にフロッタージュに使用される描画材は、鉛筆、コンテ、クレパスなどの適度な硬さを持つものが推奨される。写し取る物体の上に紙を重ね、同じ力でまんべんなく全体をこすると物体の凸部では描画材の色が濃く写り、凹部では描画材が付きにくく色が淡くなる。

また、使用される描画材や紙により、同一の物質であっても異なった表現効果が得られることが特徴。この技法と同じ原理で行われるものに、東洋の拓本や魚拓などがある。

o-17_01

凹凸を持つ素材の上に紙をのせてこすり、下層の模様をこすり出す手法。