シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本の「シュール」。2019年12月15日(日曜日)から2020年4月5日(日曜日)まで

これも「シュール」?

[ 2019/11/15 ]

つげ義春『ねじ式』資料展示

o-10_01

1960年代に漫画雑誌『ガロ』で人気を博したつげ義春(1937-)は、漫画の世界で「シュール」な世界観を表現した代表的な作家です。代表作『ねじ式』では、主人公が「現実」を逃避し、「幻覚の世界」をさまよい、最後には「新しい現実」に辿りつくといった、不条理ながらも魅力的な物語を生み出しています。