シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本の「シュール」。2019年12月15日(日曜日)から2020年4月5日(日曜日)まで

L O A D I N G

Surrealist Painting Influences and Iterations Japan

サルバドール・ダリ 《姿の見えない眠る人、馬、獅子》 1930年
ポーラ美術館
© Salvador Dalí, Fundació Gala-Salvador Dalí, JASPAR Tokyo, 2019 E3562

シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本の「シュール」

2019年12月15日(日曜日)から2020年4月5日(日曜日)まで

会期中無休 /
開館時間  9:00〜17:00(入館は16:30まで)

Scroll

Influences and Iterations in Japan

シュルレアリスム
誕生から100年。

絵画の実験から
束芋の映像まで!

Highlight1

シュルレアリスムの100年の歩み。
フランスから日本へ。
その歴史と変遷をたどる初めての展覧会。

北脇昇 《独活》 1937年(昭和12)
東京国立近代美術館

Highlight2

デカルコマニー、フロッタージュなどシュルレアリスムからうまれた絵画の技法を紹介。

マックス・エルンスト 『百頭女』より 1929年
富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館
© ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2019 E3562

Highlight3

絵画だけでなく、映画や漫画にもみられる日本の「シュール」の世界も紹介。

ルネ・マグリット 《生命線》 1936年
ポーラ美術館
© ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2019 E3562

古賀春江 《白い貝殻》 1932年(昭和7) ポーラ美術館

100 years of Surrealism

シュルレアリスムの歩み

誕生から戦後までシュルレアリスムの変遷を紹介します

Chapter1

シュルレアリスムの誕生
ー1920年代、復興と閉塞から

(左) ジョルジョ・デ・キリコ 《福音書的な静物》 1916年
大阪中之島美術館
© SIAE, Roma & JASPAR, Tokyo, 2019 E3562
(右) ジョアン・ミロ 《夜の人物と鳥》 1944年
ポーラ美術館 前期展示
© Successió Miró / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2019 E3562

Chapter2

超現実に触れる
エルンストとダリ、物質とイメージを
めぐる絵画

(左) マックス・エルンスト 『博物誌』より《光の輪》 1926年
富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館 前期展示
© ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2019 E3562
(右) サルバドール・ダリ 《姿の見えない眠る人、馬、獅子》 1930年
ポーラ美術館
© Salvador Dalí, Fundació Gala-Salvador Dalí, JASPAR Tokyo, 2019 E3562

Chapter3

「シュール」なるもの
ー1930年代、日本における超現実主義

(左) 三岸好太郎 《雲の上を飛ぶ蝶》 1934年(昭和9)
東京国立近代美術館
(右) 古賀春江 《白い貝殻》 1932年(昭和7)
ポーラ美術館

Chapter4

「シュール」その後
ー吉原治良・瑛九・岡上淑子など

(左) 瑛九 《小鳥》 1951年(昭和26) 個人蔵
(右) 吉原治良 《縄をまとう男》 1931-33年(昭和6-8)頃
大阪中之島美術館

束芋 《dolefullhouse》 2007年 ヴィデオ・インスタレーション
© 2019 Tabaimo

Iterations in Japan

これも
「シュール」?

シュルレアリスムに通底する
現代美術作品も紹介します

束芋による映像インスタレーション

束芋 《虫の声》 2016年 ヴィデオ・インスタレーション
© 2019 Tabaimo

ウルトラマンシリーズ

成田亨 《ウルトラマン初稿》 1966年(昭和41)
青森県立美術館 © Narita / TPC 前期展示

What is Surrealism?

学ぶシュルレアリスム

シュルレアリスムの変遷
ー文学から絵画へ

理性や意識で捉えられない世界を表現しようとしたシュルレアリスム。
画家たちが探求したシュルレアリスムの絵画とは?

サルバドール・ダリ
《アメリカのクリスマスのアレゴリー》 1943年
富山県美術館
© Salvador Dalí, Fundació Gala-Salvador Dalí, JASPAR Tokyo, 2019 E3562

シュルレアリスムから
シュール」へ

フランスでうまれたシュルレアリスムは、日本の絵画に独自の発展を促しました。

北脇昇 《春に合掌す》 1942年(昭和17)
名古屋市美術館

シュルレアリスムの実験的技法と
日本への伝播

シュルレアリスムの絵画技法
無意識の世界を捉えるため、画家たちは様々な技法を試みました。

三岸好太郎 《オーケストラ》 1933年(昭和8)
宮城県美術館

Mode - Art - Perfume -

関連企画展

モードとアートの香水瓶

ポワレ、スキャパレッリ、ディオール

会場:ポーラ美術館 展示室4
協力:ポーラ文化研究所

Restaurant / Event / Shop

レストラン

展覧会 限定コースメニュー
「スペインの風」

イベント

12月15日(日)記念講演会
「シュルレアリスムと『超現実主義』」

ショップ

「シュルレアリスムと絵画」展
オリジナルグッズ