Connections - 海を越える憧れ、日本とフランスの150年 2020年11月14日(土)から2021年4月4日(日)会期中無休 開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)

日仏150年の「美の往還」

[ 2020/10/21 ]

第2章 1900年パリ万博-日本のヌード、その誕生と展開

o-08_1

 

ジャポニスムの影響を強く受けた印象派の作風は、フランス・アカデミスムの世界にも波及し、写実的な人物像と柔らかな光の描写を融合させた作品が多く描かれました。

やがて近代日本の洋画界へとその作風は受け継がれます。黒田清輝や岡田三郎助らの明るい色彩表現を特徴とする「外光派」が、新しい潮流を生み出したのです。特に、留学中に師事したラファエル・コランに大きく感化された黒田は、日本に裸体表現を根付かせようと苦心します。

 

o-08_2

 

 

【上】五姓田義松 《西洋婦人像》 1881年(明治14) 東京藝術大学 / 【下】岡田三郎助 《あやめの衣》 1927年(昭和2) ポーラ美術館