Connections - 海を越える憧れ、日本とフランスの150年 2020年11月14日(土)から2021年4月4日(日)会期中無休 開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)

ハイライト

[ 2020/10/19 ]

ラファエル・コラン × 黒田清輝

o-04_1

 

数多くの裸婦像を残した黒田清輝の代表作《野辺》。

本作品はこれまで、黒田の師ラファエル・コラン(1850-1916)が、草原に寝そべる女性を俯瞰で描いた《眠り》との影響関係が指摘されてきました。1900年のパリ万博の会場で《眠り》を直接目にしたとされる黒田は、帰国後、様々な改変を加えながらも師の作品と酷似する《野辺》を描きます。

この度、長年所在不明とされてきた《眠り》が初来日し、黒田の作品とともに120年ぶりに公開されます。

 

o-04_2

 

 

【上】黒田清輝 《野辺》 1907年(明治40) ポーラ美術館 /【下】ラファエル・コラン 《眠り》 1892年 芸術家財団、パリ © Fondation des Artistes / Raphaële Kriegel