Connections - 海を越える憧れ、日本とフランスの150年 2020年11月14日(土)から2021年4月4日(日)会期中無休 開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)

イベント

[ 2021/02/25 ]

森村泰昌氏オンライントーク配信中

「Connections展で“まねぶ”!」

2020年11月14日~2021年4月4日までポーラ美術館で開催中の企画展「Connectionsー海を越える憧れ、日本とフランスの150年」を記念して、作品を出品いただいている美術家の森村泰昌さんをお招きしたオンライントーク(全6話)をお送りします。

「Connections」展に通底する「まねぶ(=まねをする)」ことの意味や重要性、そして本展覧会に登場する作家たちについてさまざまな視点から語っていただきました。

オンライントークはポーラ美術館公式Youtubeチャンネルからもご視聴いただけます。

第1回|なぜ、ゴッホなのか?

 

自身の作家としての原点に関わりの深い、ゴッホについてとりあげます。

第2回|黒田清輝は日本に何をもたらしたか

 

日本の洋画界のパイオニア、黒田清輝についてとりあげます。

第3回|ゴッホ、セザンヌ、ルノワールを「まねる」

 

西洋の画家の作品をまねることを通じて、独自の作風を見出していった日本の画家たちについてとりあげます。

第4回|記憶の中の佐伯祐三

 

森村さんの美術活動の原点となった、佐伯祐三や里見勝蔵についてとりあげます。

第5回|ゴッホのひまわり、セザンヌのりんご

 

森村さんが自画像的作品の題材にしている、ゴッホやセザンヌの静物画についてとりあげます。

第6回|日本近代の「青春の自画像」

 

海外への留学を果たせず夭折するも、独自の表現を磨き上げた日本の洋画家たちをとりあげます。