お知らせ

テレビ東京系列「新 美の巨人たち」でパブロ・ピカソ《草上の昼食》が紹介されます

11月23日(土)放送のテレビ東京系列「新 美の巨人たち」で、ポーラ美術館収蔵作品である、パブロ・ピカソ《草上の昼食》が紹介されます。
当館の作品は、「アートで人生が変わった!」と題し人生を変えた作品に迫る2週連続の特別企画のうち、ピカソの晩年の画業に焦点をあてる後編に登場します。


■番組名
テレビ東京系列「新 美の巨人たち」

■放送回のタイトル
「ピカソ×爆笑問題・太田光…常識破りな男たちの饗宴(後編)」

■放送日
2019年11月23日(土) テレビ東京系列 22:00-22:30
2019年12月7日(土)BSテレビ東京 18:00-18:30
*そのほかの放送局につきましては、番組のHPをご確認ください。

■テレビ東京系列「新 美の巨人たち」番組概要
美術鑑賞は本来自由なもののはず。知識があるなしに関わらず、作品を見た者が思いついたことを口に出したり、意見を交わしたり…。
この番組では、旅人=アートトラベラーが、毎回作品が展示されている美術館や建築物、ゆかりがある場所などへ足を運び、作品の秘密や、アーティストの人生に迫り、より豊かな美術鑑賞の旅へと視聴者を誘います。

■放送回の内容
91歳でこの世を去るまでに多くの作品を残した芸術家ピカソ。そんなピカソに救われたという太田さんが今回向かったのは箱根彫刻の森美術館「ピカソ館」。そこには多数の陶芸作品や、マネの名画に挑んだピカソ版『草上の昼食』など、晩年に生まれた作品群が。作品を通しその生き様に触れた太田さんが考えるこれからの芸人人生とは?

ポーラ美術館コレクション 作品ページはこちら
パブロ・ピカソ《草上の昼食》