プレスリリース

「シュルレアリスムと絵画」展 プレスリリース第2弾
現代につづく「シュール」な世界を体感できる作品・資料の出品が決定!

ポーラ美術館では、12月15日(日)から「シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本の『シュール』」展を開催します。この度、本展で新たに出品が決定した現代作家の作品についてご案内いたします。
日本で「シュール」と呼ばれる独自の表現への展開を示すものとして、現代美術家の束芋(たばいも)や、「ウルトラマン」の原画を手がけた成田亨(なりた・とおる)の作品、また資料として、つげ義春の漫画『ねじ式』もご紹介します。

企画展:シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本の「シュール」
現代につづく「シュール」な世界を体感できる作品・資料の出品が決定!
会期:2019年12月15日(日)〜 2020年4月5日(日)
下記をクリックいただくとリリースがご覧いただけます。

(PDF/1,936KB)