第8回 ギャラリートーク駅伝

箱根駅伝にちなみ、学芸員がタスキをつなぎ、1回30分のトークを10回連続で行うギャラリートーク駅伝。開催以来好評を頂き、全回通して参加する「完走者」が毎年いるイベントです。
今回は、フランスで生まれたシュルレアリスムの絵画への広がりや、日本で独自に発展した「シュール」という世界観への変遷を、ダリやデ・キリコなどの作品を通してご紹介します。また、印象派のモネやルノワールなど、ポーラ美術館を代表する名画も登場。学芸員たちが全力でタスキをつなぎ、作品の見どころや魅力をご紹介します!

当日はほぼ終日、美術館のどこかでギャラリートークを開催しておりますので、お気に入りの作品、ご都合に合う時間帯など、自由に選んでご参加いただけます。

駅伝ギャラリートークweb用

【イベント概要】
日 時: 1月12日(日)
     往路10:00-12:30 (計5回)
     復路13:30-16:00 (計5回)
定 員: 各回30名様
参加費: 無料(要当日入館券)
     ※事前申込は不要です。初回は9:50より地下1階講堂にお集まりください。
特 典: 各回、参加者全員にポストカード1枚プレゼント!
会 場: ポーラ美術館 地下1階講堂および展示室

時間 区間 テーマ 場所
9:50 開場 講堂
10:00 第1区 岡田三郎助 展示室2
10:30 第2区 ピエール・ボナール 展示室2
11:00 第3区 ジョルジョ・デ・キリコ 展示室1
11:30 第4区 ポール・デルヴォー 展示室1
12:00 第5区 ワシリー・カンディンスキー 展示室2
12:30-13:30 昼休み
13:30 第6区 クロード・モネ 展示室2
14:00 第7区 サルバドール・ダリ 展示室1
14:30 第8区 次回展「モネとマティス」予告 講堂
15:00 第9区 福沢一郎 展示室1
15:30 第10区 ピエール・オーギュスト・ルノワール 展示室2