―お正月の箱根で、中央アジア・シルクロードの文化に親しむー 
スペシャルトークイベント&民族音楽コンサートを開催!
~人気漫画『乙嫁語り』コスプレイヤーの祭さんと学ぶ、「トルクメンの装身具」の魅力~

ポーラ美術館では、中央アジアのトルクメニスタン周辺の人々が身につけていた装身具や民族衣装を展示する「シルクロードのよそおい トルクメンの装身具」の開催にちなみ、1月7日(土)にトークイベントとコンサートを行います。トークイベントでは、現在も入国が困難であるトルクメニスタンを二度訪れ、世界的にも貴重なコレクションを調査したポーラ文化研究所の村田孝子氏を講師に迎え、更に中央アジアの民族衣装や装身具に魅せられてウズベキスタンでの撮影を敢行したコスプレイヤーの祭さんを交えながら、トルクメンの文化の魅力についてご紹介します。
また、日本ではほとんど触れる機会がないトルクメニスタン音楽を奏でるコンサートも開催します。
シルクロードを通じて東西の文化の影響を受け、装身具や絨毯において非常に優れた技術を培ったトルクメン独自の文化を、ぜひポーラ美術館でお楽しみ下さい。

1.スペシャルトークイベント「トルクメンの装身具の魅力」
第1部では、ポーラ文化研究所の村田氏が1990年代前半に調査のために訪れたトルクメニスタンでの体験談を交えながら、トルクメンの装身具や文化についてご紹介します。
第2部では、中央アジアを舞台にした人気漫画『乙嫁語り』に綴られた世界観を再現するために、衣装制作に6年を費やし、ウズベキスタンでの撮影を敢行したコスプレイヤー祭さんが、自身で制作した衣装をまとって登場!トルクメンの装身具と民族衣装の実物のご紹介もまじえながら、その魅力について更に掘り下げます。

日  時:1月7日(土)14:00-15:30
・第1部 14:00-15:00 村田氏によるトルクメン装身具のご紹介
・第2部 15:00-15:30 村田氏と祭氏による対話形式のお話
場  所:ポーラ美術館・講堂
参加方法:事前申込制 ※定員に達しましたので受付を終了いたしました。ご応募ありがとうございました。


講  師:村田 孝子氏(むらた・たかこ ポーラ文化研究所、研究員)(写真左)
主に日本と西洋の化粧史、結髪史を調査し、セミナー講演、展覧会、著作などで発表。2005年~ビューティーサイエンス学会常任理事、2005年~2006年、国立歴史民族博物館 近世リニューアル委員。2014年~江戸・東京博物館 外部評価委員。主な著書に『眉の文化史』、『モダン化粧史』、『日本の化粧』など。

ゲ ス ト:祭氏(まつり コスプレイヤー)(写真右)
19世紀後半の中央アジアを舞台に、シルクロードの生活と文化を描いた漫画『乙嫁語り』(発行:株式会社KADOKAWA、作者:森薫)コスプレイヤー。文献調査を重ね、国外からも材料を調達し衣装制作を糸の染色から行い、繊細な手刺繍なども自ら施して6年かけて完成。その世界観の再現のために、自費で中央アジアでの撮影を敢行するほど作品を愛し、作品の先に広がる遊牧の民の衣装と装身具に魅力を感じている。

トルクメンイベント

トークイベント476×298

2.トルクメニスタンの民族音楽コンサート
トルクメニスタンの民族音楽の楽譜や音源の入手は日本では非常に困難ですが、このたびトルクメニスタン大使館のご協力により、楽譜を提供いただきこのコンサートが実現しました。異国情緒溢れる楽曲をぜひお楽しみください。

日時:1月7日(土)15:45(開場)、15:50(開演)-演奏時間45分程度
場所:ポーラ美術館・カフェ
参加費:無料(ただし当日入館券が必要)

今井 香奈(いまい・かな バイオリン)(写真左)
桐朋女子高等学校音楽科を経て、同大学卒業。第6回ルーマニア国際コンクール、ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2012などに入賞。国内外のマスタークラスを受講。現在、ソロ、室内楽、オーケストラで活動中。

黒田 映李(くろだ・えり ピアノ)(写真右)
桐朋学園大学音楽学部ピアノ科を卒業後、渡独。ニュルンベルク音楽大学を首席で卒業。マイスターディプロムを修得。その後ウィーンへ移り研鑽を積み、2014年帰国。これまでに国内外のコンクールで入賞、ヨーロッパ各地にて演奏する。現在関東を拠点にし、N響若手メンバーと組む「ピアノ三重奏団・浪漫トリオ」ピアニスト。

トルクメンコンサート476×298