ケリス・ウィン・エヴァンス展

会期:2020/6/7(日)~11/3(火・祝) 場所:アトリウム ギャラリー/ロビー/森の遊歩道
ポーラ美術館は、現代のイギリスを代表するアーティスト、ケリス・ウィン・エヴァンスの展覧会を開催いたします。

ウェールズ出身のケリス・ウィン・エヴァンス(1958-)は、光や音など抽象的な素材を用いて、感覚に強く訴えかける作品を制作しています。

1970年代末、映画作家デレク・ジャーマンのアシスタントを務めながら、実験的な映像作品を発表し、作家活動を開始したケリス・ウィン・エヴァンスは、90年代以降、彫刻やインスタレーション、写真や映像など表現の幅を広げており、その多様な作品には、言語や認識、時間の概念が通底しています。

右)ケリス・ウィン・エヴァンス 《The Illuminating Gas...(after Oculist Witnesses)》 2015年

  ネオン 378×319×191cm  展示風景:ポーラ美術館 ©Ken KATO

ss_The Illuminating Gas...

本展ではアトリウム ギャラリーや森の遊歩道での展示に加えて、美術館の吹き抜けに大型のネオン作品が出現します。ポーラ美術館の建築空間とのダイナミックな対話を試みる本展は、国内の美術館で開催される初の個展となります。繊細でエレガントな身振りで空間に介入し、変容させていく、ケリス・ウィン・エヴァンスの詩的な世界をお楽しみください。

ss_(A)=D=R=I=F=T

ケリス・ウィン・エヴァンス《(A)=D=R=I=F=T》2015年 

スピーカー、アンプ、メディアプレイヤー、鏡、ステンレススチール

展示風景:ポーラ美術館 ©Ken KATO

ss_299792458ms

ケリス・ウィン・エヴァンス《299792458 m/s》2004/2010年 

ネオン 展示風景:ポーラ美術館 ©Ken KATO