ポーラ美術館の名作絵画

会 期:2019年12月15日(日)-2020年4月5日(日) *会期中無休
会 場:展示室2

ポーラ美術館のコレクションの中心をなすのは、おもに19世紀フランスの印象派絵画から20世紀の絵画を中心とする西洋絵画と、明治から昭和にかけて日本で制作された油彩画です。本展示では、このなかからコレクションを代表する名品をご紹介します。

睡蓮の池

クロード・モネ《睡蓮の池》1899年

レースの帽子の少女

ピエール・オーギュスト・ルノワール
《レースの帽子の少女》1891年

アザミの花

フィンセント・ファン・ゴッホ《アザミの花》
1890年

支え無し

ワシリー・カンディンスキー《支え無し》1923年

あやめの衣

岡田三郎助《あやめの衣》1927年(昭和2)