風景

風景

  • 作家名 ピエール・オーギュスト・ルノワール
  • 制作年
  • 技法・素材 油彩/カンヴァス
  • サイズ 23.7 x 44.5 cm
カーニュの町の高台から地中海を望む立地にあった「レ・コレット」"Les Collettes"の語源は、「丘」を意味する「コリーヌ」"colline"であると言われています。本作品でも、風景をわずかに上から見下ろすような視点から、豊かに葉を茂らせた木々が強い光を受ける眺めが、黄やオレンジの効果的な色彩と簡潔な筆遣いによって描き出されています。 ルノワールはしばしば横長の小さな力ンヴァスを用い、眼前に広がる風景をパノラミックにとらえ、軽やかな筆致で描きとめました。同様の眺望は晩年、視角をやや異にしていくつも描かれていることから、本作品は「レ・コレット」、あるいはその近辺で描かれたものと考えられます。