岩のある風景

作家名
ギュスターヴ・クールベ
技法・素材
油彩/カンヴァス
サイズ
65.3 x 54.3 cm

ギュスターヴ・クールベ 《岩のある風景》

作品解説

地方主義の運動が活発化した19世紀後半において、故郷の風景に愛着を抱いていたクールベは、数多くの風景画を制作して、フランシュ=コンテ地方の称揚に力を尽くした。1865年のサロン入選作である《ピュイ=ノワールの小川》(1865年、オルセー美術館、パリ)は、オルナンからブザンソンへといたる道程の途中にある「ピュイ=ノワール」(黒井戸)と呼ばれる峡谷を描いた作品である。パリの美術界で高い評価を得たこの作品がとりわけ、観衆にクールベの故郷の風景を知らしめることとなった。
 本作品は、オルナン近郊を流れるルー川の渓谷に位置する小村、ムーティエ=オート=ピエールにある奇岩、「ル・モワーヌ・ド・ラ・ヴァレ」(谷間の坊主岩)を取り上げたものである。剥き出しとなった石灰岩質の崖、そして坊主岩に表れた、この地域の荒々しく力強い自然の特性が、パレットナイフによる厚塗りの描法によって、ひときわ高められている。劇的な自然の描写の前にたたずむ二匹の鹿は、画家の得意としたもうひとつのジャンルである狩猟図の伝統に通じている。

ポーラ美術館の収蔵するギュスターヴ・クールベのコレクション