セミ文花器

作家名
エミール・ガレ
制作年
1900年頃
サイズ
高12.6 幅26.2 奥行7.9 cm

エミール・ガレ 《セミ文花器》 1900年頃

作品解説

黄緑色透明地に、サリッシュール技法によって青や緑、茶色、白銀色の金属箔を混入している。船形に加工した花器の全面を研磨してつや消し加工を施し、グラヴュールによってセミを浮き彫りにしている。正面中央に羽根を広げて飛翔する姿のセミを一匹、背面には羽を閉じているセミと飛翔するセミを一匹ずつ花器の左右に表現している。(『名作選』 2007)