草花文脚付杯

草花文脚付杯

  • 作家名 エミール・ガレ
  • 制作年 1860-1880年代
  • 技法・素材
  • サイズ 高23.4 径8.2 cm
蜂蜜色の透明地のフルートグラス。ガラスが熱いうちに金型を使って口が8角形になるように成形している。エナメル彩と金彩によって麦の穂やキンポウゲの仲間と思われる草花、何匹かの昆虫を描いている。口縁部と脚台の周囲には、初期のガレ作品に時々みられる特徴であるオレンジ色と青色の波状文様をめぐらせている。ステムに取りつけられた耳形の装飾はアプリカシオンによる。(『名作選』 2007)