雪景文ランプ

作家名
ドーム兄弟
制作年
1900-1910年頃
サイズ
高36.0 径19.0 cm

ドーム兄弟 《雪景文ランプ》 1900-1910年頃

作品解説

≪雪景文花器≫(006-0868)と同じ装飾を施したランプ。電球を点灯させると寒々しい冬景色が、やがて来る春の雪解けを連想させる温かみを帯びて見える。光による表情の変化を楽しめる作品である。(『名作選』 2007)