草花昆虫文花器

草花昆虫文花器

  • 作家名 エミール・ガレ
  • 制作年 1884-1889年
  • 技法・素材
  • サイズ 高25.9 径 9.5 cm(左)、高26.1 径9.6 cm(右)
類例が多いモデル。金型によるねじりを加えた筒型花入れに、フリル状の脚台を熔着している。シダの葉が生い茂る様子をエッチングで陰刻し、紫色のエナメルで汚したような表情をつけ、彫刻の陰影を強調している。ケシの実や昆虫をエナメルで描き、上部の余白には金色に輝く小さな星を加えている。(『名作選』 2007)