蜂文花器

蜂文花器

  • 作家名 エミール・ガレ
  • 制作年 1890年代
  • 技法・素材
  • サイズ 高25.5 幅11.0 奥行7.5 cm
≪蜂文花器≫(006-0695)と同じ装飾を与えられた作例。ガレはキッチンの食材をテーマにしたデザインを数多く手がけたが、これは蜂蜜を念頭に置いたものだろう。ハニーイエローのガラスに描かれた、ミツバチの巣や花の蜜を求めて飛ぶ蜂などに加え、波状にうねる取手さえも、ねっとりとした蜜の質感を連想させる。(『名作選』 2007)