タンポポ文耳付花器

作家名
エミール・ガレ
制作年
1890年代
サイズ
高30.4 径15.7 cm

エミール・ガレ 《タンポポ文耳付花器》 1890年代

作品解説

蜂蜜色の透明素地に金彩を焼きつけた上にエナメルを塗り重ねるエモー・ビジュー技法を使用して、タンポポの花や白い冠毛をつけた種子、カミキリムシのような昆虫を描いている。金型の使用によって縦溝を表面の周囲に連続してつけたことがわかる頚には、アプリカシオンによるリング状の耳を左右に熔着している。(『名作選』 2007)