薔薇文ランプ

作家名
ドーム兄弟
制作年
1910年頃
サイズ
高16.0 径9.0 cm

ドーム兄弟 《薔薇文ランプ》 1910年頃

作品解説

鉄製の脚を備えた小型のランプ。香料を内部に入れて、電球の熱で香りを立てるパフューム・ランプとしてデザインされた品かもしれない。まろやかな曲線美をまとった本体と比べると、薔薇のとげをモティーフにした脚の爪の鋭さは印象的。美しい花には棘があることを思い出させる造形である。(『名作選』 2007)