蜻蛉文香水瓶

作家名
エミール・ガレ
制作年
1878-1890年頃
サイズ
高15.6 x 幅9.6 x 奥行9.7 cm

エミール・ガレ 《蜻蛉文香水瓶》 1878-1890年頃

作品解説

月光色ガラスと呼ばれる、酸化コバルトの混入で淡青色に着色された透明地を用いている。エナメル彩と金彩によって、レース状の装飾の間を飛ぶ蜻蛉の姿を描いてる。(『名作選』 2007)