ダリア文花器

作家名
エミール・ガレ
制作年
1900-1904年
サイズ
高44.6 径15.9 cm

エミール・ガレ 《ダリア文花器》 1900-1904年

作品解説

ダリアの輪郭をエッチングで削り出し、金彩とエナメル彩を併用して細部を描いている。背景となる余白の部分には、酸によって霧氷模様をガラスの肌に与えるジヴレという装飾手法が使われている。華やかで大胆さも加味した造形はガレ後期の特色である。対象を巨視的に把握する大家の至芸といえるが、1900年当時、このようなガレの新作は、以前に比べると大味になったという批判の声もあった。(『名作選』 2007)