風雨樹林文花器

作家名
ドーム兄弟
制作年
1898-1902年
サイズ
高20.4 径8.1 cm

ドーム兄弟 《風雨樹林文花器》 1898-1902年

作品解説

緑に練り込んだ透明地の表面をエッチングでジヴレ加工して雨の滴を浮き彫りにし、カマイユ技法で風に打たれる森の樹木を描いた製品。雨を線として表わす手法は浮世絵の影響による。同種の図柄を用いた製品が非常に多い。(『名作選』 2007)