松葉文ランプ

松葉文ランプ

  • 作家名 ドーム兄弟
  • 制作年 1900-1910年頃
  • 技法・素材
  • サイズ 高50.5 径25.7 cm
淡いオレンジや黄、緑のガラス粉末が混入した素地をエッチングで彫刻して、松葉が散る様子を浮き彫りしている。笠の下部には松かさを様式化したと思われる文様があしらわれ、鉄製の支持金具にも同じモティーフが採用されている。脚台はさながら降り積もった松葉の山のような雰囲気にデザインされている。(『名作選』 2007)