徽章文蓋物

作家名
エミール・ガレ
制作年
1880年代
サイズ
高14.5 幅13.7 奥行9.2 cm

エミール・ガレ 《徽章文蓋物》 1880年代

作品解説

淡褐色透明地にエナメル彩と金彩で獅子、龍、ユリ、魚などの紋章と唐草を描いている。胴部のうち壁には金型によってつけられた筋目が入っている。蓋に4個、胴部の左右に2個ずつ、扁平なカボションを熔着しているが、このような装飾は6世紀のササン朝ペルシアのガラス碗やドイツのレーマー杯の滴状の突起物(プラント)を連想させる。(『名作選』 2007)