蜂文花器

作家名
エミール・ガレ
制作年
1890年代
サイズ
高15.4 径12.6 cm

エミール・ガレ 《蜂文花器》 1890年代

作品解説

蜂蜜色の透明素地の表面をエッチングで彫刻してつや消し仕上げをおこない、蜂の巣の形を部分的に浅く浮き彫りしている。エナメル彩と金彩でネコヤナギと思われる花を咲かせた植物と、その間を飛翔する蜂の姿を描いている。同じ素地、同じ装飾文様を使った異形の作例が何種類か存在する。素材の蜂蜜色の色調と装飾テーマが一致したシリーズと考えられよう。(『名作選』 2007)