ケマン草文花器

ケマン草文花器

  • 作家名 エミール・ガレ
  • 制作年 1895年頃
  • 技法・素材
  • サイズ 高24.6 径8.0 cm
金型を使用して胴部に縦方向にエッジをつけた花器。口は三方から開口部を覆うように舌状突起を伸ばして中央で溶着する特殊な形状に加工されている。これはガレ作品に時々みられるデザインである。花器の上半分はエッチングによる彫刻を施し、エナメル彩と金彩によってケマン草の花を描いている。淡緑色の透明素地はウランを混入したもので、紫外線をあてると蛍光色を発行する。(『名作選』 2007)