アラベスク文花器

作家名
エミール・ガレ
制作年
1884年頃
サイズ
高14.6 径11.2 cm

エミール・ガレ 《アラベスク文花器》 1884年頃

作品解説

紫色の透明地にオパール色の乳白色を重ねて型吹き成形した花器。胴部の下方に4個のカボションを熔着している。タバコの花や煙の文様をエッチングで浮き彫りして全体に散らし、正面中央の亀甲形の枠の中にスーラリーの詩句を刻んでいる。”pensee”には「想い」と「パンジー」の両義があり、3という数字はパンジー(三色スミレ)の名前に関連づけられている。銘文の周囲には、紫と黄緑のエナメル彩で描いたパンジーの花が描かれている。また、胴部の下方の周囲にも銘文がある。腰の部分に白いタバコの花を、また底部の周囲にパンジーの花を、それぞれ帯状に連続させて描いている。(『名作選』 2007)