蘭文花器

作家名
エミール・ガレ
制作年
1898年頃
サイズ
高39.3 幅17.2 奥行15.0 cm

エミール・ガレ 《蘭文花器》 1898年頃

作品解説

透明地にオレンジと赤、紫などを被せ、部分的にプラチナ箔を封入している。細長く伸びた頸の側面に葉を、ゆったりとふくらんだ胴部に大輪の蘭の花が開いた様子をグラヴュールで彫刻してる。(『名作選』 2007)