鳥文花器

作家名
エミール・ガレ
制作年
1890年代
サイズ
高11.2 径7.5 cm

エミール・ガレ 《鳥文花器》 1890年代

作品解説

青や黒、赤のサリッシュールによる斑紋を混入した透明素地に、飛翔する鳥や雲を彫刻している。斑紋の広がりに合わせて鳥の姿を彫刻する手法は、一種のアンテルカレールといえよう。(『名作選』 2007)