昆虫文花器

昆虫文花器

  • 作家名 エミール・ガレ
  • 制作年 1884年頃
  • 技法・素材
  • サイズ 高9.4 幅9.2 奥行7.8 cm
東洋風の八角篇壺などの形状を引用した脚付の器。エナメル彩と金彩による蜻蛉の絵付けを施している。余白部分に散らされた花文風の渦巻きは、水波を表わしたものだろうか。この種の水陸両性の昆虫を主題にした装飾に、ガレがしばしば添えた文様である。(『名作選』 2007)