蘭文花器

作家名
エミール・ガレ
制作年
1900年頃
サイズ
高17.5 径7.8 cm

エミール・ガレ 《蘭文花器》 1900年頃

作品解説

ユリの蕾が咲き始める形態に似ているのでユリ口瓶と呼ばれることもあるモデル。同じ形状の花器に異なる花を装飾した作例がたくさんある。オレンジと紫のガラスの下に挿入されたプラチナ箔がきらびやかな効果を発揮している。(『名作選』 2007)