タンポポ文花器

作家名
ドーム兄弟
制作年
1910-1911年
サイズ
高35.8 径9.9 cm

ドーム兄弟 《タンポポ文花器》 1910-1911年

作品解説

黄と緑を練り込んだ透明地に緑白色を被せた2層被せガラス。白と茶のヴィトリフィカシオンを封入した大粒のカボションを熔着し、グラヴュールで表面にタンポポの実を彫刻している。葉はエッチングによる彫刻で、全体に酸によるつや消し仕上げが施されている。(『名作選』 2007)