菊にカマキリ文花器

作家名
エミール・ガレ
制作年
1884-1904年
サイズ
高25.0 径20.3 cm

エミール・ガレ 《菊にカマキリ文花器》 1884-1904年

作品解説

金型を使用して畝状の縦溝を入れた褐色透明ガラス。カマキリと菊の装飾はエナメル彩に金彩を併用して描いている。口縁部の波状装飾はヨーロッパ中世のミニアチュールの縁取りなどに登場するモティーフを参照したもの。(『名作選』 2007)