裸婦 展示中

作家名
ピエール・オーギュスト・ルノワール
技法・素材
油彩/カンヴァス
サイズ
113.2 x 85.3 cm

ピエール・オーギュスト・ルノワール 《裸婦》

作品解説

身体に布を引き寄せて長い髪に手をやる裸婦は、ちょうど戸外での水浴を終えたところなのでしょう。伸びやかま四肢をそなえたその身体は、陰影を巧みに施したやわらかな輪郭によって、背景へと溶け込んでいます。この整然とした画肌は、1880年代にはほとんどみられません。晩年のルノワールは色あざやかな筆致を並べていく印象派の技法ではなく、下地の上に透明色の絵具を薄く塗り重ねるグラッシと呼ばれる伝統的な描法で、絵画を制作しています。この描法が成熟を迎えてはじめて、人物と風景との調和という画家の目標が達成されることになります。